BLOG

nidに

2014/12/03

11月の末に発売されたnidに

少しばかり作品を掲載していただきました^^

nid_36_cover_l

東京でコーヒー豆の焙煎をされている「グラウベル」の狩野さんのページに

コーヒーメジャーを数点ご紹介していただいています。

普段自分でも読む雑誌だったこともあり、ほんとうに嬉しい限りです。

そもそもグラウベルの狩野さんは札幌のご出身なのですが、

偶然こちらに帰ってきていた際に、共通のお知り合いを通してお会いさせていただきました。

いろいろなタイミングの合った、不思議な出会いでした。

(詳しく書くととても長くなりますので…笑)

 

いろいろなお仕事をさせていただくと、お客様やお仕事の方と

びっくりするくらいの、不思議なご縁があったり、

奇跡のような良いタイミングを感じたりすることがあります。

そういうことがあるたびに、ほんとうにこの仕事はおもしろいし、

この仕事ができていて幸せだなと思うのです。

 

 

 

*グラウベルさん http://www.glaubell.net/

東京でお会いした際におすすめのコーヒー豆をいただきました〜

カフェはされていないそうですが、都内のたくさんのお店さんに豆をおろしているそうなので、

気になる方はチェックしてみてください^^


関西にて

2014/11/26

今週末に大阪のイベントに作品がお邪魔いたします。

dm2014

私は直接大阪に行って販売はできないのですが、

「OMISE」という販売ブースにてお取り扱いしていただきます。

全国のいろいろな作品やプロダクトの販売もありますし、

トークイベントも開催されるデザインマルシェ。

 

楽しそうで、行けないのはすごく残念です。

今回私の作品をご紹介してくださる「OMISE」の方とのご縁にもほんとうに感謝です。

webサイトもとても素敵ですし、今回ご一緒させていただくブランドさんも魅力的なものばかり。

以前展示やショップで拝見して気になっていたブランドもあるのですごく光栄なのです。

お近くにお住まいのかた、もしくはもう行く予定のある方はぜひぜひ宜しくお願いいたします^^

———————————————

OMISE  http://omise-web.com/

デザインマルシェ http://design-marche.net/


炉開き

2014/11/09

11月です、

北海道はもう雪が降りました。もう寒いですね。

 

通っているお茶のお稽古では先日、炉開きがありました。

 

炭を炉の中にくべる時のお手前を見ているとき、

とても冬の気配を感じた。

 

炭を箸でつかんだときにカサカサとなったり

火がついてあかくなったり

そして炭がパチパチとなったり

香合と炭のかおりがしたり…。

目を閉じたくなるようなここちよい時間だった。

 

いつものお稽古だと、お手前を練習するために私がお茶をたてる一連の所作をするのですが、

この日は炉開きということもあって、先生がおもてなしをしてくださった。

 

先生の所作はやっぱり美しいなあ。

意識することなく自然な流れで、無駄がなくて、きどっていなくて、

さらさらと流れるような、、、動きに透明感があるように感じる。

 

お茶の空気感の好きなところのひとつに、人の所作の美しさをみることだったりもするのですが、

もっと好きなのは、静かな時間の中に聞こえる、「音」だったりする。

 

お手前さんがたたみをすりながら歩く音だったり

ひしゃくを蓋置きにおく瞬間に、こん、となる音だったり

お湯を窯に入れる音だったり…

あの空気感の中で聞く、さまざまな音がとても心地よい。

しーんとした中にも、音によって、ほんのすこしメリハリが生み出されている。

 

この季節、さらにそれに炭の香りとパチパチする音が組み合わさって、

癒し、とは一言で説明しきれない、なんとも言えない心地よさが、

たまらない。

 

忙しくても、気持ちに余裕がない時にでも

無理してでもお茶のお稽古は行くようにしている。

お茶の勉強をしたいことももちろんあるけれど、

ここにくると、どんなに余裕がない心も

慌ただしい空気も

一気に切り替えられる。

 

だからお茶はとても好き。

 


二人展

2014/10/19

accaDMおもて

今週末より東京の台東区のギャラリーにて展示させていただきます!
急なお話でしたが、このように東京で展示させていただける機会がふえてきて
とてもありがたいです!
すこしばかりですが新作も発表させていただきます〜!

今回は大学の先輩である佐藤さんとの二人展です。
木も金属も扱える作家さんで、2素材が融合した作品がとてもすてきです。

二人でなにか出来たら良いね、とかなり前からなんとなくお話していましたが、
まさかこんな形で、(しかも地元での展示ではないのがおもしろいですが、)実現するとは、、、

ふたりでびっくりしていました。
お話くださったギャラリーさま、ありがとうございます。

25日、26日は私もギャラリーに在廊いたします。
お時間ありましたらぜひお立ち寄りくださいませ〜^^

—————————-
佐藤あゆみ・辻有希 二人展 ー木と鉄の仕事ー
日時:2014年10月25日(土)〜11月1日(土)
12時〜19時(最終日は17時まで 会期中無休)
場所:galleria ACCa ガレリア・アッカ
   (東京都台東区下谷3-1-32)
  日比谷線入谷駅3、4番線出口より直進2分/JR鴬谷駅より徒歩12分


オリジナル商品追加しました。

2014/09/13

オーガニックヘアアトリエ ムクロジにてお取り扱いいただいている
オリジナルブローチライン「みにつけるうつわ」を先日追加してきました。

以前最初に納品させていただいたものは、柿渋で染めたものでしたが、

http://akitsuji.com/2014/01/?cat=3

今回はシュリザクラを黒く染めたものをつくりました。
すこし藍色っぽい黒になります。

BxY7Ty6CAAAjfWg.jpg-large

(一緒に撮影したこの箱は先日友達にいただいたロウびきの箱で
横浜のchikuniというお店のものです。箱好きな私ですが、このさび鉄っぽい雰囲気たまらないですね〜^^)

今回のブローチは渋い色味ですが、これからの季節コートなどにも相性の良いかっこいい色味で、
個人的には今回の黒い方が好きだったりします^^

ちなみに一応無駄に(笑)ひとつひとつタイトルをつけています。

ムクロジさんはお一人でされている美容室ですが、
作品を見に足を運んでいただくことももちろん大丈夫です。
その際、施術中の場合は、すぐに対応が難しいこともございますが、ご了承いただけたら幸いです^^

納品しに久しぶりにムクロジさん行きましたが、
やっぱり雰囲気好きだな〜。

オーガニックヘアアトリエ  ムクロジ


すこしまえの

2014/09/10

少し前の事になりますが、

「クラフトで乾杯」というコンペで佳作をいただきました!

新作を作るきっかけや、今の自分の力を試すためにも
学生のときから、コンペや公募展にはなるべく出すようにしています。
ですが今回、応募期間がとてもバタバタしてしまっている時期だったので

案だけはずっとあたためていたものの、
〆切のぎりぎりまでは制作に入れなかったり、
完成後の提出も慌ただしく、
結局提出したあとなんて、コンペに出した事すらわすれていました。

そんな矢先にコンペ結果のお知らせが来たので、
いったいなんのことだろう、と一瞬止まってしまった感じでした。

今回のコンペは審査員に好きなデザイナーさんや作り手さんがいたこともあり、
入賞をいただけたことは、ほんとうに幸せなこと。
光栄でした。。
審査員のみなさま、ほんとうにありがとうございます。。

肝心の作品はというと、これです。

cat007_1

「trace cup」という小鉢。

正円の形状ではなく、個々がすこしずつ歪んだ形。
カツラを柿渋で染め、上の縁のところだけを再度けずり、ラインを際立たせました。

普段木工ろくろというものを用いて器をつくることもあり、
そうすると正円や回転体のしっかりをした形状のものつくることはできるので、
それはそれでとてもかっこ良くて好きなのですが、
その分とても機械的すぎるかたちになってしまっていることも
すこしひっかかっていました。

もっと有機的な要素を含めた、愛らしいものを、とおもったときに
木工ろくろを用いた加工に
すこし手作業を加えた方法で制作しようと思い、このような形状にしまいた。

この器は、縁は不定形ですが、
底同士は正円のため上手く重ねることができ、
その際に、口のラインが少しずつずれるのをたのしむデザインとなっています。

使うときだけではなく、片付ける時や棚にしまっている時にも魅力的にみえたら良いなと。

ただ深鉢にしたことで、コップに間違えられてしまう形状だったので、
次作る時はいっそ液体を入れられる、
コップ仕様にしてしまってもよいかも…です。


スタッフさんブローチ

2014/08/30

8月下旬、新千歳空港にグリコ初のキャラメル専門店ができました。

「CARAMEL KITCHEN」といいます。

ありがたいことにそこのスタッフさんがエプロンにつける
お店のロゴ入りブローチを作らせていただきました。

ブローチ

こちらカメラマンさんにとっていただいた写真です。

大きい方がクリの木、小さい方がサクラの木です。
どちらも北海道の木を使いました。

丸くボリュームのある形ですが、木なので軽くてつけやすいそうで、
よかったです^^
木のアクセサリーは軽いのが魅力の一つで、
私の普段作っているアクセサリーラインの中のピアスも
その点でとても気に入ってつけていただいていることが多いです〜◎

ちなみにお店はこんな感じで、
一見お菓子屋さんじゃないみたいなオシャレさです。

_DSC7735

ぜひ新千歳空港におたちよりの方は寄ってみてくださいね〜!


無事終了しました。

2014/07/31

なつ。
夏本番です。

北海道の夏はそんなに厳しくないといいつつ、毎年少しずつ気温が上がってきている気がします。
とはいっても真夏日は一週間くらいしかないし、
夜になれば涼しくなるし、
快適なんですけれども…笑

そんな夏も本番になってきた7月下旬、つい3日前まで東京に行っていました。
それは
「そして、夜がくる。」の東京展のためです。
暑さになれていない私にはとんでもない気温と湿度だったように感じました、笑

———–

「そして、夜がくる。」展は

7月上旬にcontext21.8にて札幌展を開催し、
前回の「朝に起きる。」展のシリーズとして、
雰囲気を夜のイメージで空間作りをいたしました。

私は柿渋染めや黒漆やお歯黒染めといった方法で
黒っぽい新作を制作。
また夜から連想される月・月面のイメージで表面のテクスチャをだすために
手彫りの作品などを多く制作いたしました。

グラフィックデザイナーの阿部くんは
「朝」に引き続きシャープペンシルでテクスチャを出しながら
手書きで書いていく方法で月や夜の構成の絵を制作しました。

また空間のメインともなっていた
泥紙と呼ばれる手すきの紙に色鉛筆で描いた夜の絵は、
空間をとても魅力的に見せてくれる「迫力」と
また、古道具のなかになじむ「おちつき」の
二つの要素をもった作品だったような気がします。

夜1

夜2

夜3

夜4

今回は巡回展として東京の阿佐ヶ谷にあるcontext-sにも
7月の下旬に巡回展示させていただきました。

東京のcontextも札幌と同じくらい魅力的で、
ほんとうに家にいるかのように落ち着いた気持ちで、ゆっくりと在廊させていただきました。

阿佐ヶ谷という土地自体、あまり行った事がなかったのですが、
古い建物が残っていたり、アーケード街があったりなど、
とてもなじみやすい雰囲気の町並みが、
過ごしているうちにどんどん好きになっていきました。

今回札幌、東京で「朝の会」「夜の会」といった
イベントも開催し、とくに東京の方はいったい何人のお客さんが来てくれるかほんとうに不安でしたが、
予想を超えたとてもとてもたくさんの方々に足を運んでいただき、
ずっと感謝しっぱなしでした。

札幌でも東京でもいろいろな再会があり、
また新しい出会いがあり、何かがどんどんうまれたら良いなと期待しています。
なにかが繋がって行くために私も
また学びつつ制作を続けなければ…
…続けたい!と強く想って

「そして、夜がくる。」展
無事終了いたしました。

来てくださったお客さま、準備を手伝ってくださった友人、オーナーの石神さん
フォローしてくださった先輩方、いつも支えてくれてる家族、
一緒に展示してくれているあべくん
みなさんにほんとうにほんとうに感謝します。

とくに今回はいつも以上に準備でバタバタして
周りが見えていないこともあったかもしれないのです。
みなさんに支えてもらって、今ここでいろんな挑戦ができているのだと
幸せに思っています。

このシリーズはオーナーさん含め作家2人もとても気に入っている
思い入れのある展示です。
きっとまた続編を開催するかと思いますが、
その際はぜひまたよろしくお願いいたします。


そして、夜がくる。

2014/07/02

webの調子がおかしく長らく
更新停滞しておりました…すみません。。。

あっというまに7月に入り

自分でもたのしみにしていた
展示がはじまりました。

木と紙の展覧会「そして、夜がくる。」展

昨年9月に「朝に起きる。」展を開催させていただきましたが、
そのシリーズとしてまたグラフィックデザイナー阿部寛文と一緒に
展示をさせていただいております。

_omote

_ura

IMG_4014

前回の「朝に起きる。」展の時は白い作品の空間作りをテーマとして
制作、展示いたしましたが、
今回は夜ということで、黒っぽい作品の空間作りをいたしました。

黒漆や柿渋染め、お歯黒染めなど、あらたな表現や制作方法を模索しながら、
今までと違った新作を発表させていただいております。

空間自体も素敵なギャラリーcontext21.8
ぜひ雰囲気を楽しんでいただけたら幸いです^^

ひとまず札幌展はスタートいたしましたが、
今回は東京にも巡回いたします。
たくさんのお客様にみていただき、たくさんの方とお話しできるのが
今から楽しみです◎

———————

<札幌展>
日時 2014年7月1日(火)〜7月7日(月)
正午12時から午後7時まで
場所 CONTEXT 21.8
札幌市中央区南21条西8丁目2-10

●朝の会
日時 2014年7月7日(月)
午前7時から午前9時まで
●夜の会
日時 2014年7月4日(金)
午後7時から午後9時まで

<東京展>
日時 2014年7月18日(金)〜7月24日(木)
正午12時から午後7時まで
場所 CONTEXT-S
東京都杉並区阿佐谷南1-47-4

●夜の会
日時 2014年7月18日(土)
午後7時から午後9時まで


新しい足

2014/05/12

今日は母の日でした。
母には夏服をプレゼント。

そしておばあちゃんには、
母と毎年一緒にエプロンをプレゼントしているのですが、
もうかれこれ20年になるみたいです。
おしゃれがすきなおばあちゃんは、エプロンさえも服のようにいつも変えて楽しんでいるみたいで、
毎年このプレゼントを楽しみにしてくれています。
年齢を重ねてもこうやってキラキラとしているのって素敵です。

今度コレクションを見せてもらわなくては^^

いつもお世話になっております、オーガニックヘアアトリエのムクロジさんが
昨日でまる3周年をむかえ、
今日より4年目に突入するそうです!!
ここのブログでも何度も書かせていただいておりますが、
サードテーブルをはじめ、小物を置かせていただいていたり、
ブローチの委託販売などでもとってもお世話になっています!

そんなムクロジさんに毎年、新しい年に入るときに設置させていただいている物があります。
それはsome legsという作品です。
オリジナルの足の形で、今回も納品させていただきました。
ムクロジさんのブログにてご紹介いただいてます!

http://www.mukorossi-hair.com/2014/05/10/mukorossi-3周年/

(勝手にリンクさせていただきました、すみませんー><)

たくさん並べるほどかわいい、自分でもきにいっている作品。
いつも足の形はこちらのお任せにしていただいているのですが、
今回の足の形は4本足。(オリジナルです)

これには私なりに理由がありまして
(もちろん並べた時のバランスを見ているのもありますが)

単純に4年目に突入した、というのがひとつの理由です。

そしてもうひとつは、
ムクロジの奥川さんの家族が4人に増え、
そして家族の時間を増やすために、営業時間を見直した、という考えがとってもすてきだと思ったからです。
仕事も家庭も大事にして4年目に突入した
ムクロジさんが今後どんなふうになっていくのか、ほんとうに楽しみです!

またいろいろとお話させていただけたらうれしいな〜なんてひそかに思ってます^^

4つ並べたのをまだ見に行っていないので、
今度お店の前を通った時に窓越しに覗いてみよう。笑