BLOG

開催中

2012/11/29

ただいま札幌のギャラリー創にて

二人展 [ 平面×立体 plane×solid 3] を開催中です。

たくさんの方に見に来ていただいて
本当に本当に感謝でいっぱいです。

思えばギャラリー創との出会いは大学3年にあがる春。
もう5年も良いお付き合いさせていただいております。

まだギャラリー創が出来てすぐのときに
使わせていただいて、
思い返せば、あのときはまだ木工作品を出していなかったなあと。

PCの中の写真を見返して、
またギャラリーの方とあのときの話をしていて、
懐かしく思っていました。

時が経つのは本当に早い。

詳しいお話は次のブログで。

現在開催中の展覧会よろしくお願い致します。

—————————

[平面×立体 plane × solid 3]

湯田慶子による絵画と辻有希による木工の不思議なコラボ

12月2日まで
ギャラリー創にて


冬も近づいてきました

2012/11/11

冬も近づいてきたと同時に
展覧会も近づいてきました。

お知らせです。

————-

[  平面 × 立体    plane × solid  3 ]

湯田慶子による絵画と辻有希による木工の不思議なコラボ

日時:2012.11.21.WED – 12.2.SUN
11:00 – 18:00 / 最終日17:00 / 火曜休

場所:GALLERY創
(札幌市中央区南9条西6丁目1ー36

++企画:GALLERY創

——————-

テーマを設けた絵画と木工の展示となります。

このシリーズは3回目となります。

とても光栄なことにとても大好きなギャラリーで企画展としてやらせていただけることになりました。

嬉しさとどきどきが入り混じった気持ち。

準備期間ものこりわずか。

がんばります!


あまりものでもはしっこでも

2012/11/06

11月。

えっもう今年も終わるの?笑
制作をしていると
締め切りで動く分気づけばあっというま。

私はたびたび小さいモノを創るとき
木っ端を使う。
木にはいろんな種類があって
そのそれぞれが色も固さも模様も違う。
これが本当に自然の色なのかと思うような
モノもたくさんあるので
学生のときから
よく変わった模様の木や色材なんかは
どんなに小さくてもとっておいたりしている。

(変わったモノならなんでも良いという訳ではなくて
そのときピンときたものとか、直感的にキュンと来たもの。)

家具などを創るときみたいに
ふつう大きな部材として
板の木目のきれいさを見るけれど
たった5センチ角の木っ端でみると
同じ板でも
また違った表情をしている。
大きい面積じゃなくで
木っ端のサイズで見るから良い、ってこともたくさんある。
そういうすてきな色だったり模様だったりを発見すると
「これはキープ」
ってなってすぐさま木っ端コレクションの中へ。笑
そして
すぐアクセサリーなんか創りたくなる。